選ぶ基準

笑顔の口元

今世間で販売されている化粧品は、年齢に合わせたものや肌の症状に合わせたものなど数多くあります。
販売価格も様々で私達はたくさんの商品の中から選ぶことができます。
化粧品に含まれる成分がどの様な美肌効果があるのか、自分の肌にとってどのような成分が必要かを知るだけで、化粧品選びが楽しくなります。
一般的に化粧水は肌に水分を与えて潤いを与えます。
美容液は特に美容成分が高濃度で含まれた物が多く肌に栄養を与えます。
乳液は保湿した水分や美容成分を閉じ込めて肌を包み込む役割があります。
すべてのものに役割がしっかりあるので、自分の肌の状態に合わせて、どこに重点を置くと良いかを考えて選ぶとより一層肌が美容成分を吸収しやすくなります。

同じ化粧品を使用するにも肌に使うタイミングや方法で吸収のスピードや浸透の効果は変わってきます。
まず自分の肌が何を必要としているかを考えます。
今ある乾燥やしみやシワを何とかしたいのか。
それともこれから出て来るであろうこれらの物を前もって防ぐ事なのか、目的を持って化粧品を選び使用する事は基本であり最も大切です。
また年を取ると肌のターンオーバーの日数が遅くなってきます。
その為古い角質が肌に残りせっかくの美容成分が肌に浸透しにくくなります。
その際はスチーマーやイオン導入器などの美容家電を普段のお手入れにプラスして肌の新陳代謝を促し、ターンオーバーを正常化して化粧品の浸透をスムーズにすると美肌成分の効果をより得られます。